ディスクユーティリティでパーティションの方式を選ぶ方法

公開-非公開
公開
Category
Blog
Tags
Tips
Keywords
Date
2019/12/02
author
Geological time scale
Taxonomy
Age
References
OSをインストールするパーティションは、OSごとに所定の形式でフォーマットされている必要があります。従来ならばディスクユーティリティで消去(フォーマット)するときに「形式」欄から選べたはずなのですが、macOS Mojave になってから初めて消去の設定画面を開いたところ、その選択肢が見当たりませんでした。
確か「名前」「フォーマット」の下に「形式」欄があったはずだが...
確か「名前」「フォーマット」の下に「形式」欄があったはずだが...
ちょっと試行錯誤した結果、ディスクユーティリティ画面左上の表示ボタンから、「すべてのデバイスを表示」を選んだ状態でのみ、形式の選択が可能であることが分かりました。OSのインストールに関わる部分なので、上級者向けとしてデフォルトでは隠すようになったのかもしれません。
「すべてのデバイスを表示」を選んだ場合にはご覧の通り通り↓
「方式」の選択肢が現れた!
「方式」の選択肢が現れた!
これで任意の形式(GUIDパーティションテーブル/マスターブートレコード)を指定してフォーマットできます。