Presentations 学会発表

Presentations at Scientific Conferences

International Conferences:

  1. Ikeda, A.M., Sawada, K., Takuto, A., Nakamura, H., Takashima, R., Hiroshi, N. (2020) Paleoecological variations reconstructed by organic matter derived from lichens and fungi across the Cenomanian/Turonian boundary in the Tomamae area, northern Hokkaido, Japan. JpGU-AGU Joint Meeting 2020, Abstract BCG06-P10, 12-16 Jul 2020, Virtual Meeting (Poster).
  2. Inagaki, M., Nakamura, H., Yamamoto, M., Nakagawa, T. (2020) Human activities during last 700 years as recorded in the concentrations of polycyclic aromatic hydrocarbons and pentacyclic triterpene methyl ethers in sediment cores from Lake Suigetsu. JpGU-AGU Joint Meeting 2020, Abstract MIS05-P02, 12-16 Jul 2020, Virtual Meeting (Poster).
  3. Nishi, H., Takashima, R., Yamanaka, T., Orihashi, Y., Tsujino, Y., Hayashi, K., Sawada, K., Nakamura, H., Ando, T. (2019) Establishment of Upper Cretaceous bio- and carbon isotope stratigraphy in the Northwest Pacific Ocean and radiometric ages around several stage boundaries, 1st Asian Palaeontological Congress, Nov 2019, Beijing, China (Oral).
  4. Hirose, K., Nakamura, H., Ando, T., Asaoka, S., Sawada, K. (2019) Comparison between assemblages of diatom fossil and biomarkers in surface sediments from Seto Inland Sea. Japan Geoscience Union Meeting 2019, Abstract BPT04-P03, 26 May 2019, Chiba, Japan (Poster)
  5. Hattori, Y., Sawada. K., Ando, T., Nakamura, H. and Hirose, K. (2018) Variability of alkenone producers recorded in brackish lacustrine sediments of Lake Nakaumi, western Japan, American Geophysical Union Fall Meeting 2018, Abstract PP31E-1553, 12 Dec 2018, Washington, D.C., USA (Poster)
  6. Plancq, J., Cavazzin, B., Steve, J., Haig, H., Leavitt, P., Araie, H., Nakamura, H., Shiraiwa, Y., Couto, J. and Toney, J., Alkenone distribution and producers in Canadian lakes: Implications for palaeotemperature reconstructions. American Geophysical Union Fall Meeting 2018, Abstract PP31E-1540, 12 Dec 2018, Washington, D.C., USA (Poster)
  7. Ikeda, M., Sawada, K., Ando, T., Nakamura, H., Takashima, R. and Nishi, H. (2018) Terrestrial environmental changes reconstructed by non-vascular plant biomarkers across the Cenomanian/Turonian boundary in the Tomamae area, northern Hokkaido, Japan. American Geophysical Union Fall Meeting 2018, Abstract PP51E-1544, 14 Dec 2018, Washington, D.C., USA (Poster)
  8. Sawada, K., Miyata, Y. and Nakamura, H. (2018) Paleoenvironmental reconstruction using resistant macromolecules in the Cretaceous terrestrial plant fossils and kerogens, Japan Geoscience Union Meeting 2018, Abstract BPT04-06, 20 May 2018,Chiba, Japan (Oral)
  9. Furuya, S., Nakamura, H. and Masuda, H. (2018) Arsenic behavior in accretionary complex of Shikoku, Japan. Japan Geoscience Union Meeting 2018, Abstract SGL29-06, 24 May 2018,Chiba, Japan (Oral)
  10. Nakamura, H. and Ando, T. (2018) Biomarker analysis of the uncorrelated Early-Pleistocene marine clay layer of the Osaka Group in the Kishiwada City, Osaka Prefecture, Japan Geoscience Union Meeting 2018, Abstract MIS10-P06, 23 May 2018, Chiba, Japan (Poster)
  11. Furota, S., Sawada, K. and Nakamura, H. (2017) Long-chain Alkenones and Alkenediones in the Miocene to Pleistocene Sediments from the NE Atlantic. Core session 'Future Prediction of Marine Environment based on the Reconstruction of Oceanic Paleotemperature', International Symposium in Tsukuba Global Science Week 2017, 27-29 Sep 2017, Tsukuba (Oral)
  12. Shiraiwa, Y., Shiraiwa’s Team of CREST/JST Project (Araie, H., Hanawa, Y., Suzuki, I., Nakamura, H., Sawada, K.)(2016) Production of two kinds of biofuel and biorefinery candidates by marine haptophytes. The 11th International Marine Biotechnology Conference, 29 Aug-2 Sep 2016, Baltimore, USA
  13. Nakamura, H. (2016) Variations in the distribution of terrestrial biomarkers in the Cretaceous marine sediment: comparison of terpenoid-based vegetation indices, Biomarker and Molecular Isotopes: International Workshop of Organic Geochemistry, 4 July 2016, Osaka, Japan (Oral) *INVITED
  14. Nakamura, H., Sawada, K., Ando, T., Miyata, Y., Takashima, R. And Nishi, H. (2016) Toward the molecular based reconstruction of paleovegetation and palaeoenvironment by plant terpenoid biomarkers: maturity related biases. The 2016 Goldschmidt Conference, 27 June 2016, Yokohama, Japan (Oral)
  15. Ando, T., Sawada, K., Nakamura., H., Takashima, R. and Nishi, H. (2016) Marine ecosystem across the Cenomanian-Turonian boundary reconstructed by biomarker analysis. The 2016 Goldschmidt Conference, 27 June 2016, Yokohama, Japan (Oral).
  16. Sawada, K., Miyata, Y., Nakamura, H. and Takahashi, M. (2016) Palaeolipidomics of resistant macromolecules in terrestrial plant fossil: paleochemotaxonomy and paleoenvironmental reconstruction. The 2016 Goldschmidt Conference, 27 June 2016, Yokohama, Japan (Oral)
  17. Nakamura, H., Araie, H., Sawada, K., Suzuki, I., Shiraiwa, Y. (2015) Diversity of hydrocarbons produced by alkenone-producing haptophyte algae. Pacifichem 2015, 19 Dec 2015, Honolulu, USA (Poster).
  18. Sawada, K., Abe, R., Nakamura, H., Araie H., Suzuki, I., Shiraiwa, Y. (2015) Pyrolysis experiment of lipids in haptophyte algae. Pacifichem 2015, 18 Dec 2015, Honolulu, USA (Poster).
  19. Shiraiwa, Y., Araie, H., Shi, Q., Tsuji, Y., Kotajima, T., Hanawa, Y., Suzuki, I., Nakamura H. (2015) Sawada, K., Drop-in-fuel production from alkenone-producing marine haptophyte algae. Pacifichem 2015, 19 Dec 2015, Honolulu, USA (Oral).
  20. Miyata, Y., Sawada, K., Nakamura, H., Takashima, R., Takahashi, M. (2014) Paleovegetation changes recorded by n-alkyl lipids bound in macromolecules of plant fossils and kerogen from the Cretaceous sediments in Japan. American Geophysical Union Fall Meeting 2014, 16 Dec 2014, San Francisco, USA (Poster)
  21. Nakamura, H., Sawada, K., Ando, T, Takashima, R., Nishi, H. (2014) The late Cretaceous record of diatom derived biomarkers in the northwest Pacific margin. American Geophysical Union Fall Meeting 2014, 16 Dec 2014, San Francisco, USA (Poster)
  22. Abe, R., Sawada, K., Nakamura, H. (2014) Diagenetic alteration of long chain alkenones during early stage of thermal maturation: Examination for haptophyte biomarker in ancient sediment. The 11th Annual Meeting of Asia Oceania Geosciences Society (AOGS2014), 30 Jul 2014, Sapporo, Japan (Poster)
  23. Miyata, Y., Nakamura, H., Sawada, K. (2014) N-alkyl compounds released from terrestrial plant-derived kerogen as new potential paleovegetation proxies, The 11th Annual Meeting of Asia Oceania Geosciences Society (AOGS2014), 1 Aug 2014, Sapporo, Japan (Oral)
  24. Nakamura, H., Takashima, R. and Sawada, K. (2014) Terrestrial biomarker records in the Cretaceous sediments in the Kotanbetsu area, Hokkaido, Japan. The 11th Annual Meeting of Asia Oceania Geosciences Society (AOGS2014), 1 Aug 2014, Sapporo, Japan. (Oral)
  25. Araie, H., Nakamura, H., Shiratori, T., Ishida, K. and Shiraiwa, Y. (2014) Variations in long chain alkenones reflect phylogenic relationship. The 10th Asia-Pacific Marine Biotechnology Conference, 4-8 May 2014, Taipei, Taiwan. (Oral)
  26. Ohi, N., Suzuki, I., Sawada, K., Nakamura, H., Bakku, R.K., Fukuda, S., Hanawa, Y. and Shiraiwa, Y. (2014) A big step towards elucidation of alkenone synthetic pathway in Emiliania huxleyi. The 2nd International Joint Meeting of Alkenone Biosynthesis in Bioscience and Geoscience, 28 Feb 2014, Tsukuba, Ibaraki, Japan. (Oral)
  27. Nakamura, H., Sawada, K., Araie, H. and Shiraiwa, Y. (2014) Chemotaxonomic significance of alkenone composition in family Isochrysidaceae. The 2nd International Joint Meeting of Alkenone Biosynthesis in Bioscience and Geoscience, 28 Feb 2014, Tsukuba, Ibaraki, Japan. (Oral)
  28. Sawada, K., Abe, R., Nakamura, H. (2014) Pyrolysis experiments of long chain alkenones and alkenes in Emiliania huxleyi. The 2nd International Joint Meeting of Alkenone Biosynthesis in Bioscience and Geoscience, 28 Feb 2014, Tsukuba, Ibaraki, Japan. (Oral)
  29. Miyata, Y., Nakamura, H. and Sawada, K. (2014) Paleovegetation changes reconstructed by new proxies for n-alkyl lipids released from terrestrial plant-derived kerogens by hydrolysis in Cretaceous sediments, Hokkaido, Japan. International Joint Workshop: Recent developments in Paleoenvironmental studies, 16 Feb 2014, Sapporo, Japan. (Poster)
  30. Abe, R., Sawada, K. and Nakamura, H. (2014) Diagenetic alteration of long chain alkenones during early stage of thermal maturation: examination for haptophyte biomarker in ancient sediment. International Joint Workshop: Recent developments in Paleoenvironmental studies, 16 Feb 2014, Sapporo, Japan. (Poster)
  31. Nakamura, H., Sawada, K., Kobayashi, M., and Yamamoto, S. (2014) A biomarker perspective on the variation of terrigenous matter transport in the Neogene eastern equatorial Pacific sediment. International Joint Workshop: Recent developments in Paleoenvironmental studies, 16 Feb 2014, Sapporo, Japan. (Oral)
  32. Sawada, K., Nakamura, H., Kobayashi, M. and Yamamoto, S. (2014) Variations in sea surface temperature and primary productivity reconstructed by algal biomarkers in the Neogene equatorial Pacific sediments. International Joint Workshop: Recent developments in Paleoenvironmental studies, 16 Feb 2014, Sapporo, Japan. (Oral)
  33. Ohi, N., Araie, H., Nakamura, H., Sawada, K., Kotajima, T., Tsuji, Y., Satoh, M., Suzuki, I. and Shiraiwa, Y. (2013) Metabolic pathway of alkenones and alkenes by marine haptophytes and its application to biofuel production. The 10th International Marine Biotechnology Conference (IMBC 2013), 11-16 Nov 2013, Brisbane, Australia (Oral)
  34. Sawada, K., Kobayashi, M., Seki, O. and Nakamura, H. (2013) Possible paleotemperature proxy based on long chain diols in North Pacific sediments. 26th International Meeting on Organic Geochemistry, Sep 2013, B43-553, Tenerife, Spain. (Poster)
  35. Nakamura, H., Sawada, K., Kanou, C., Araie, H., Suzuki, I. and Shiraiwa, Y. (2013) Diversity of n-alkenes in the haptophyte algae – A possible hydrocarbon resource. 26th International Meeting on Organic Geochemistry, September 2013, B43-553, Tenerife Spain. (Poster)
  36. Nakamura, H., Sawada, K., Yamamoto, S., Kobayashi, M. (2012) Variations in terrigenous matter transport evaluated by plant terpenoid analysis in the Neogene eastern equatorial Pacific sediment. American Geophysical Union Fall Meeting 2012, 3-7 Dec 2012, San Francisco, USA (Poster)
  37. Sawada, K., Nakamura, H., Yamamoto, S., Kobayashi, M., Variations in sea surface temperature reconstructed by algal biomarker thermometry in the Neogene equatorial Pacific sediments. American Geophysical Union Fall Meeting 2012, 3-7 Dec 2012, San Francisco, USA (Poster)
  38. Nakamura, H., Araie, H., Kanou, C., Sawada, K. and Shiraiwa, Y. (2012) Variations in compositions of long chain alkenones and alkenes in culture samples of haptophyte algae. The 1st International Jointed Meeting of the Alkenone Bioscience and Geoscience, 26 July 2012, Tsukuba Japan. (Oral)
  39. Araie, H., Nakamura, H., Sawada, K., Suzuki, I. and Shiraiwa, Y. (2012) Screening of alkenone and alkenone-producing Coccolithophores. The 1st International Jointed Meeting of the Alkenone Bioscience and Geoscience, 26 July 2012, Tsukuba Japan. (Oral)
  40. Nakamura, H., Sawada, K. and Takashima, R. (2011) Long-term variations of palaeovegetation recorded by angiosperm and gymnosperm biomarkers in the Late Cretaceous sequence of Kotanbetsu, Hokkaido, Japan. The 25thInternational Meeting on Organic Geochemistry, Sep 2011, P-456, Interlaken, Switzerland. (Poster)
  41. Ikeda, K., Sawada, K. and Nakamura, H. (2011) Search for chemotaxonomic indicator by analyses of resistant macromolecules in plant fossils from the Cretaceous Futaba Group, Japan. The 25th International Meeting on Organic Geochemistry, Sep 2011, P-456, Interlaken, Switzerland. (Poster)
  42. Nakamura, H., Sawada, K. and Takashima, R. (2011) Terrestrial biomarker analysis and its significance for the reconstruction of palaeovegetation and palaeoclimate in the Cretaceous Yezo Group, Hokkaido Japan. The 2ndAnnual Symposium of IGCP-581 “Evolution of Asian River Systems: Tectonics and Climates”, June 2011, Sapporo Japan (Poster)
  43. Nakamura, H., Sawada, K. and Takashima, R. (2009) Reconstruction of palaeovegetation by angiosperm biomarker analyses in the Cretaceous sediments of Hokkaido, Japan, The 24th International Meeting on Organic Geochemistry, September 2009, P196, Bremen Germany. (Poster)
  44. Nakamura, H. and Sawada, K. (2007) Refractory macromolecule and biomarker analyses of cretaceous woody fragments in central Hokkaido, Japan, The 23rd International Meeting on Organic Geochemistry, September 2007, P87-MO, Torquay UK. (Poster)
  45. Nakamura, H. and Sawada, K. (2006) Study on organic molecules of woody fossil fragments in Cretaceous sandstones of Oyubari area, central Hokkaido, Japan: Sedimentology and fossil diagenesis, 17th International Sedimentological Congress, P-265, Fukuoka, Japan, August 2006. (Poster)

Domestic Conferences:

  1. 中村英人 (2020) 古環境指標として利用されるハプト藻・真正眼点藻バイオマーカー. 日本プランクトン学会2021年秋期シンポジウム「プランクトンと古環境・古生態復元」, オンライン, 2021年9月5日(Oral)*Invited
  2. 池田雅志, 中村英人, 沢田健 (2020) 地衣類の生体試料における脂質分析:分子化石の可能性. 日本有機地球化学会「有機地球化学若手・学生オンライン研究発表会2020」, 講演#2, オンライン, 2020年12月5日(Oral)
  3. 梶田展人, 中村英人, 大河内直彦, 原田尚美, 佐藤都, 植田真司, 川幡穂高 (2020) 青森県鷹架沼におけるアルケノン古水温復元の試み. 日本地球化学会第67回年会, PR0193, オンライン, 2020年11月19-21日(Oral)
  4. 中村仁哉, 沢田健, 池田雅志, 中村英人, 塚腰実 (2019) 滋賀県野洲川から産した鮮新世樹幹化石の黒色化作用. 日本地質学会第126年学術大会(2019山口大会), R12-O-4, 2019年9月24日(Oral)
  5. 舘下雄輝, 沢田健, 安藤卓人, 中村英人, 林圭一 (2019) 北海道穂別地域に分布する上部白亜系函淵層の石炭層の有機地球化学分析による陸域古環境変動の復元. 日本地質学会第126年学術大会(2019山口大会), R23-O-8, 2019年9月24日(Oral)
  6. 古谷宗三, 益田晴恵, 中村英人 (2019) 四国の付加体堆積岩中のヒ素の挙動. 2019年度日本地球化学会第66回年会, 2A06, 東京, 2019年9月18日(Oral)
  7. 梶田展人, 中村英人, 川幡穂高 (2019) Isochrysidaceae 科が合成するアルケノン -国内湖沼における研究例-. 2019年度日本地球化学会第66回年会, 1D04, 東京, 2019年9月17日(Oral)
  8. 沢田健, 青柳治叡, 小林まどか, 風呂田郷史, 中村英人 (2019) 深海堆積物に見いだされる陸上植物由来テルペン炭化水素について. 2019年度日本地球化学会第66回年会, 1D05, 東京, 2019年9月17日(Oral)
  9. 服部由季, 沢田健, 安藤卓人, 中村英人, 廣瀬孝太郎 (2019) 島根県中海の堆積物コアにおけるアルケノン古水温変動の復元. 2019年度日本地球化学会第66回年会, 1E15, 東京, 2019年9月17日(Oral)
  10. 安藤卓人, 廣瀬孝太郎, 中村英人, 沢田健 (2019) ステロイド組成による基礎生産者群衆指標の提案:瀬戸内海堆積物における珪藻殻群衆との比較. 2019年度日本地球化学会第66回年会, 1P24, 東京, 2019年9月17日(Poster)
  11. 中村仁哉, 沢田健, 池田雅志, 中村英人, 塚腰実 (2019) 樹幹化石の熱化学分解およびバイオマーカー分析からの化石化作用の検討. 日本有機地球化学会金沢シンポジウム2019. 金沢, 2019年8月28日(Oral)
  12. 服部由季, 沢田健, 安藤卓人, 中村英人, 廣瀬孝太郎, 瀬戸浩二 (2019) 島根県中海・宍道湖の堆積物中の藻類バイオマーカーに記録された環境変動. 日本有機地球化学会金沢シンポジウム2019. 金沢, 2019年8月28日(Oral)
  13. 中村英人, 石野有紀子, 三田村宗樹 (2019) 大阪平野完新統コア堆積物中のトリテルペノイドメチルエーテル類. 日本有機地球化学会金沢シンポジウム2019. 金沢, 2019年8月29日(Poster)
  14. 池田雅志, 沢田健, 中村英人 (2019) 地衣類の生体試料の炭化水素分析:化学分類・環境指標の可能性. 日本有機地球化学会金沢シンポジウム2019. 金沢, 2019年8月29日(Poster)
  15. 風呂田郷史, 中村英人, 沢田健 (2019) 海洋堆積物から検出された長鎖アルケンジオンとその不飽和比:アルケノン生合成経路とその進化の解明にむけて. Japan Geoscience Union Meeting 2019, Abstract MIS19-23, 30 May 2019, Chiba, Japan (Oral)
  16. 中村仁哉, 沢田健, 池田雅志, 中村英人, 塚腰実 (2019) 滋賀県野洲川から産した鮮新世樹幹化石の化石化過程:有機地球化学分析によるアプローチ. Japan Geoscience Union Meeting 2019, Abstract BPT05-06, 26 May 2019, Chiba, Japan (Oral)
  17. 廣瀬孝太郎, 中村英人, 安藤卓人, 浅岡聡, 沢田健 (2019) 瀬戸内海表層堆積物中の珪藻遺骸群集組成とバイオマーカー組成の比較. Japan Geoscience Union Meeting 2019, Abstract BPT04-P03, 26 May 2019, Chiba, Japan (Poster)
  18. 池田雅志, 沢田健, 安藤卓人, 中村英人, 高嶋礼詩, 西弘嗣 (2019) 北海道苫前地域のセノマニアン/チューロニアン境界堆積岩の植物バイオマーカー分析による陸域古植生変動の復元. Japan Geoscience Union Meeting 2019, Abstract BCG07-04, 29 May 2019, Chiba, Japan (Poster)
  19. 石野有妃子, 中村英人, 三田村宗樹 (2019) バイオマーカー分析による完新統の大阪平野の環境変遷の評価. Japan Geoscience Union Meeting 2019, Abstract HQR05-P15, 26 May 2019,Chiba, Japan (Poster)
  20. 廣瀬孝太郎, 瀬戸浩二, 辻本彰, 中村英人, 安藤卓人, 赤對紘彰, 青木南, 入月俊明, 香村一夫 (2018) 中海底質コアに含まれる元素の濃度トレンドと周辺環境変遷の関係. R-22-P-7, 日本地質学会第135年学術大会(特別大会), つくば, 2018年12月1日(Poster)
  21. 服部由希, 沢田健, 安藤卓人, 中村英人, 廣瀬孝太郎 (2018) 中海・瀬戸内海の表層堆積物を用いたケロジェン・パリノモルフ観察法の検討. 日本地質学会第135年学術大会(特別大会), R12-O-6, つくば, 2018年12月1日(Oral)
  22. 池田雅志, 沢田健, 安藤卓人, 中村英人, 高嶋礼詩, 西弘嗣 (2018) 北海道苫前地域のセノマニアン/チューロニアン境界堆積岩中の地衣類バイオマーカーによる古環境・古生態変動の復元. 日本地質学会第135年学術大会, R23-O-10, 札幌, 2018年9月5日(Oral)
  23. 服部由希, 沢田健, 安藤卓人, 中村英人, 廣瀬孝太郎 (2018) 中海における珪藻バイオマーカーを用いた古環境復元〜特にアルケノン古水温に注目して. 日本地球惑星連合大会2018, Abstract M-IS10, 千葉, 2018年5月23日(Oral)
  24. 池田雅志, 沢田健, 安藤卓人, 中村英人, 高嶋礼詩, 西弘嗣 (2018) 北海道苫前地域のセノマニアン/チューロニアン境界堆積岩中のパイオニア植物バイオマーカーに記録された古環境変動. 日本地球惑星連合大会2018, Abstract B-PT06, 千葉, 2018年5月20日(Oral)
  25. 廣瀬孝太郎, 瀬戸浩二, 辻本彰, 中村英人, 安藤卓人 (2018) 中海Nk3地点における固定表層の岩相層序と環境変化の予察的検討. 島根大学研究学術情報機構エスチュアリー研究センター第25回新春恒例汽水域研究発表会・汽水域研究会第6回例会合同研究発表会, 島根, 2018年1月(Oral)
  26. 中村英人, 安藤卓人, 廣瀬孝太郎, 浅岡聡, 沢田健 (2017) 瀬戸内海表層堆積物中の藻類バイオマーカー組成とその環境指標としての利用について. 島根大学研究学術情報機構エスチュアリー研究センター第25回新春恒例汽水域研究発表会・汽水域研究会第6回例会合同研究発表会, 島根, 2018年1月(Oral)
  27. 舘下雄輝, 沢田健, 安藤卓人, 中村英人, 林圭一 (2017) 北海道白亜系蝦夷層群函淵層に挟在する石炭層の有機物分析による堆積環境の復元. 日本地質学会第125年学術大会, 愛媛, 2017年9月16-18日 (Oral)
  28. 中村英人, 安藤卓人, 廣瀬孝太郎, 浅岡聡, 沢田健 (2017) 瀬戸内海表層堆積物中の藻類バイオマーカーの分布:淀川水系〜紀伊水道トランセクト. 2017年度日本地球化学会第64回年会, 東京, 2017年9月 (Oral)
  29. 舘下雄輝, 沢田健, 宮田遊磨, 中村英人, 林圭一 (2017) 北海道白亜系函淵層に挟在する石炭層のバイオマーカー分析による陸上古環境復元. 2017年度日本地球化学会第64回年会, 東京, 2017年9月 (Poster)
  30. 沢田健, 二宮奈津実, 小林まどか, 中村英人 (2016) 東部赤道太平洋の堆積物コアの藻類バイオマーカー分析による鮮新世以降の海洋表層環境変動の復元. 日本有機地球化学会高知シンポジウム2017, 高知, 2016年8月30-31日(口頭発表)
  31. 中村英人 (2016) 白亜紀堆積岩中の植物バイオマーカー組成:分子古植生指標を用いた陸域古気候復元の可能性. 第2回地球環境史学会年会(トピックセッション:温室地球時代の地球システム), 東京, 2016年11月 (Oral)
  32. 中村英人, 安藤卓人, 廣瀬孝太郎, 浅岡聡, 沢田健 (2016) 瀬戸内海表層堆積物中の長鎖ジオール分析:C32 アルカン-1,15-ジオールは河川流入指標となるか?2016年度日本地球化学会第63回年会, 大阪, 2016年8月(Oral)
  33. 新家弘也, 中村英人, 沢田健, Haig, H., Toney, J., Levant, P., 鈴木石根, 白岩善博 (2016) カナダ内陸湖からのアルケノン合成種の発見と単離. 第18回マリンバイオテクノロジー学会大会, 函館, 2016年5月(Oral)
  34. 中村英人, 安藤卓人, 廣瀬孝太郎, 浅岡聡, 沢田健 (2016) 瀬戸内海の近過去堆積物における長鎖アルキルジオール組成を用いた古環境復元の可能性. 日本地球惑星科学連合2016年大会, 千葉, 2016年5月(Poster)
  35. 廣瀬孝太郎, 中村英人, 安藤卓人, 浅岡聡, 沢田健 (2016) 近過去堆積物における珪藻化石群集と藻類バイオマーカーの相関性. 日本地球惑星科学連合2016年大会, 千葉, 2016年5月(Poster)
  36. 宮田遊磨, 沢田健, 中村英人 (2015) 現生植物の熱熟成実験による抵抗性高分子の続成変化の検討, 2015年度日本地球化学会年会, 横浜, 2015年9月(Oral)
  37. 中村英人, 沢田健, 新家弘也, 鈴木石根, 白岩善博 (2015) ハプト藻 Isochrysidaceae 科 Tisochrysis 属の培養温度とアルケノン組成の関係. 2015年度日本地球化学会年会, 横浜, 2015年9月(Oral)
  38. 宮田遊磨, 沢田腱, 池田慧, 中村英人, 高橋正道 (2015) 白亜系双葉層群から産出した炭化小型植物化石の抵抗性高分子組成から見た化学分類. 日本地質学会大122年学術大会, 長野, 2015年9月(Oral)
  39. 安藤卓人, 中村英人, 宮田遊磨, 沢田腱, 尾松圭太, 高嶋礼詩, 西弘嗣 (2015) 北海道蝦夷層群 Cenomanian/Turonian 境界堆積岩の有機地球化学指標に記録された海洋の酸化還元環境変動. 日本地質学会大122年学術大会, 長野, 2015年9月(Oral)
  40. 中村英人, 沢田健, 新家弘也, 鈴木石根, 白岩善博 (2015) ハプト藻アルケノン生産種の多様性とバイオマーカー組成の関係:アルケノン古水温計の陸水環境における応用に向けて, 日本有機地球化学会札幌シンポジウム2015, 札幌, 2015年8月(Oral)
  41. 宮田遊磨, 沢田腱, 中村英人 (2015) 現生植物の加熱実験による抵抗性高分子の続成過程の検討. 日本有機地球化学会札幌シンポジウム2015, 札幌, 2015年8月(Oral)
  42. 宮田遊磨, 沢田件, 池田慧, 中村英人, 高橋正道 (2015) 白亜系双葉層群の炭化小型植物化石の抵抗性高分子分析:結合態アルキル脂質組成による植物化石の化学分類. 日本地球惑星科学連合2015年大会, 千葉, 2015年5月 (Poster)
  43. 中村英人, 竹田真由美, 沢田健, 高野淑識 (2015) 湖沼堆積物のアルケノン組成にみられる化学分類学的特徴:南極スカルブスネス地域、長池のアルケノン生産種推定. 日本地球惑星科学連合2015年大会, 千葉, 2015年5月 (Poster)
  44. 中村英人, 沢田健, 安藤卓人, 高嶋礼詩, 西弘嗣 (2014) 北海道古丹別地域の上部白亜系蝦夷層群における珪藻バイオマーカーの検出. 日本有機地球化学会湯河原シンポジウム2014, 湯河原, 2014年11月(Oral)
  45. 宮田遊磨, 中村英人, 安藤卓人, 沢田腱 (2014) 植物化石および植物起源ケロジェンの熱化学分解分析:化学分類および続成過程の検討. 日本有機地球化学会湯河原シンポジウム2014, 湯河原, 2014年11月(Oral)
  46. 阿部涼平, 沢田腱, 中村英人, 新家弘也, 白岩善博 (2014) ハプト藻の熱分解実験––バイオ燃料生成に関する研究. 日本有機地球化学会湯河原シンポジウム2014, 湯河原, 2014年11月(Oral)
  47. 中村英人, 沢田健, 安藤卓人, 高嶋礼詩, 西弘嗣 (2014) 白亜紀海洋無酸素事変 OAE2 直下の負の δ13Cエクスカーションにともなう陸上植生変動. 日本地質学会第121年学術大会, 鹿児島 2014年9月(Oral)
  48. 安藤卓人, 中村英人, 沢田腱, 高島礼詩 (2014) 北海道苫前地域に分布する蝦夷層群 Cenomanian-Turonian 境界堆積岩の有機地球化学分析による堆積環境・海洋生産変動の復元. 日本地質学会第121年学術大会, 鹿児島 2014年9月(Oral)
  49. 阿部涼平, 沢田腱, 中村英人, 新家弘也, 鈴木石根, 白岩善博 (2014) ハプト藻の熱熟成実験による藻類脂質の分解・続成過程の検討. 日本地質学会第121年学術大会, 鹿児島 2014年9月(Oral)
  50. 宮田遊磨, 沢田腱, 中村英人, 高橋正道 (2014) 白亜系双葉層群芦沢層の堆積物および小型植物化石の結合態アルキル脂質分析:炭質物濃集層の成因. 日本地質学会第121年学術大会, 鹿児島 2014年9月(Oral)
  51. 阿部涼平, 沢田腱, 中村英人, 新家弘也, 白岩善博 (2014) ハプト藻の熱熟成実験による藻類脂質の分解過程の検討:バイオ燃料生産への応用. 2014年度日本地球化学会年会, 富山, 2014年9月(Oral)
  52. 宮田遊磨, 沢田腱, 中村英人, 高橋正道 (2014) 白亜系双葉層群の炭質物濃集層から産出した炭化および非炭化植物化石の抵抗性高分子分析:植物化石の化学分類. 2014年度日本地球化学会年会, 富山, 2014年9月(Oral)
  53. 中村英人, 沢田健, 新家弘也, 鈴木石根, 白岩善博 (2014) ハプト藻イソクリシス科のアルケノン組成の化学分類学的特徴:Tisochrysis 属および Isochrysis 属. 2014年度日本地球化学会年会, 富山, 2014年9月(Oral)
  54. 白岩善博, 沢田健, JST/CREST 白岩チーム (2013) 海洋ハプト藻のバイオマーカー脂質分子アルケノン・アルケンの合成経路と生理機能. 2013年度日本地球化学会年会, 筑波, 2013年9月(Oral)
  55. 中村英人, 沢田健, 新家弘也, 鈴木石根, 白岩善博 (2013) ハプト藻 Chrysotila lamellosa のアルケノン・アルケン組成に対する塩分の効果. 2013年度日本地球化学会年会, 筑波, 2013年9月(Oral)
  56. 加納千紗都, 沢田健, 中村英人, 新家弘也, 鈴木石根, 白岩善博 (2013) ハプト藻培養試料から検出された特異的なステロールの考察. 2013年度日本地球化学会年会, 筑波, 2013年9月(Oral)
  57. 宮田遊磨, 沢田健, 中村英人, 池田慧 (2013) 北海道白亜系堆積物中の陸上植物ケロジェンの加水分解性脂肪酸・アルカノール組成比による古環境変動の復元. 2013年度日本地球化学会年会, 筑波, 2013年9月(Oral)
  58. 中村英人, 沢田健, 新家弘也, 鈴木石根, 白岩善博 (2013) ハプト藻 Chrysotila lamellosa の長鎖アルケノン・アルケン組成と生育温度の関係. 日本地球惑星科学連合2013年大会,千葉, 2013年5月(Poster)
  59. 中村英人, 沢田健, 根本俊文, 長谷川卓 (2013) 北海道達布地域の白亜紀海洋無酸素事変 OAE2 相当層における陸上植物バイオマーカー分析. 日本有機地球化学会倉敷シンポジウム2013, 倉敷, 2013年8月(Oral)
  60. 中村英人 (2013) 北海道白亜系堆積岩中の有機分子を用いた古植生変動の復元, 地質学会北海道支部講演会, 札幌, 2013年2月(Oral)*INVITED
  61. 中村英人, 沢田健, 加納千紗都, 白岩善博, 鈴木石根, 新家弘也 (2012) ハプト藻の長鎖アルケン組成の多様性. 2012年度日本地球化学会年会, 福岡, 2012年9月(Oral)
  62. 加納千紗都, 沢田健, 中村英人, 白岩善博, 鈴木石根, 新家弘也 (2012) ハプト藻培養試料におけるステロイド分析:バイオマーカー指標の検討. 2012年度日本地球化学会年会, 福岡, 2012年9月(Oral)
  63. 宮田遊磨, 沢田腱, 中村英人, 池田慧: 白亜系堆積物中の陸上植物由来ケロジェンの抵抗性高分子分析:新しい古植生指標の提案. 2012年度日本地球化学会年会, 福岡, 2012年9月(Oral)
  64. 山本真也, 沢田健, 中村英人, 小林まどか, 河村公隆 (2012) 東赤道太平洋における過去40Maの陸上植物由来脂肪酸の安定炭素同位体比変動. 2012年度日本地球化学会年会, 福岡, 2012年9月(Poster)
  65. 中村英人, 沢田健, 高嶋礼詩 (2012) 夕張地域下部白亜系,海洋無酸素事変相等層準堆積岩のバイオマーカー分析. 2012年日本堆積学会年会, 札幌, 2012年6月(Oral)
  66. 中村英人, 沢田腱, 池田慧, 高橋正道 (2012) 双葉層群芦沢層より算出した植物小型化石のテルペン類組成から見た化石化初期過程. 日本古生物学会2012年年会, 名古屋, 2012年6月(Oral)
  67. 中村英人, 沢田健, 加納千紗都, 新家弘也, 鈴木石根, 白岩善博 (2012) ハプト藻のアルケン・アルケノン組成における種内および種間多様性. 日本地球惑星科学連合2012年大会, 千葉, 2012年5月(Poster)
  68. 中村英人, 沢田健, 山本真也, 小林まどか (2012) 過去3000万年にわたる東部赤道太平洋堆積物中の高等植物由来テルペノイド組成の変動. 日本地球惑星科学連合2012年大会, 千葉, 2012年5月(Poster)
  69. 中村英人 (2011) 被子植物の進化における分子古生物学的視点:高等植物テルペノイドの代謝生理から, 2011年度日本地球化学会第58回年会, 札幌, 2011年9月(Oral)*INVITED
  70. 中村英人, 白岩善博, 鈴木石根 (2011) ハプト藻における長鎖アルケノン生合成の研究: 地球化学的視点から, 2011年度日本地球化学会第58回年会, 札幌, 2011年9月(Poster)
  71. 池田慧, 沢田健, 高橋正道, 中村英人 (2011) 北海道白亜系函淵層群富内層の炭層から産出した植物化石のバイオマーカーおよび抵抗性高分子分析, 2011年度日本地球化学会第58回年会, 札幌, 2011年9月(Poster)
  72. 中村英人, 沢田健, 高嶋礼詩 (2010) 北海道白亜紀中期堆積岩中の陸上植物バイオマーカーを用いた古植生変動復元, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 幕張メッセ, 千葉, 2011年5月(Oral)
  73. 中村英人, 沢田健,高橋正道 (2010) 古植生指標検討のための植物化石のテルペノイドバイオマーカー分析と続成過程の検討, 2010年度日本地球化学会第57回年会, 立正大学, 熊谷, 2010年9月(Oral)
  74. 沢田健, 中村英人, 荒井高明 (2010) 陸上高等植物の抵抗性高分子の植物生理学・生物地球化学的研究, 2010年度日本地球化学会第57回年会, 立正大学, 熊谷, 2010年9月(Oral)
  75. 中村英人, 沢田健, 高嶋礼詩 (2010) 北海道北部,上部白亜系堆積層の高等植物バイオマーカー分析による古植生変動の復元, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張メッセ, 千葉, 2010年5月(Oral)
  76. 中村英人, 沢田健 (2010) 被子植物葉化石を構成する抵抗性高分子の分子古生物学的特徴:化学分類および続成変化の検討, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張メッセ, 千葉, 2010年5月(Poster)
  77. 池田慧, 沢田健, 中村英人, 高橋正道 (2010) 白亜系双葉層群産の花化石の有機分子分析による化学分類指標の探索, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張メッセ, 千葉, 2010年5月 (Oral)
  78. 中村英人, 沢田健 (2009) 被子植物テルペノイドバイオマーカーの化学分類学・生理学的研究,2009年度日本地球化学会年会, 2A03, 広島, 2009年9月(Oral)
  79. 落合総一郎, 沢田健, 中村英人, 塚越実, 秋本信一 (2009) 化石ゴールのバイオマーカー分析:植物-昆虫共生系の古生物学的探索,2009年度日本地球化学会年会, 2P24, 広島, 2009年9月 (Poster)
  80. 中村英人, 沢田健, 高嶋礼詩 (2009) 北海道白亜系堆積岩中の被子植物分子化石 ~古植生指標の検討,日本古生物学会2009年年会, C06, 千葉, 2009年6月(Oral)
  81. 中村英人, 沢田健, 高嶋礼詩 (2008) 被子植物バイオマーカーを用いた北海道下部白亜系における被子植物の出現年代の検討, 日本地質学会第115年学術大会, O-169, 秋田, 2008年9月(Oral)
  82. 中村英人, 沢田健 (2008) 古代ヤシおよびベネチテス化石の抵抗性高分子分析からの化学分類および続成変化の検討, 2008年度日本地球化学会第55回年会, 3E02, 東京, 2008年9月(Oral)
  83. 中塚武, 大西啓子, 沢田健, 中村英人, 塚越実 (2008) 後期中新世(11-10 Ma)の木材化石の年輪セルロースのδ18Oとδ13C:高時間分解能の気候変動解析の可能性, 2008年度日本地球化学会第55回年会, 3F26,東京,2008年9月(Oral)
  84. 中村英人, 沢田健, 高嶋礼詩 (2008) 北海道白亜系堆積岩中の被子植物バイオマーカーを用いた古植生指標の検討, 第26回日本有機地球化学会2008年名古屋シンポジウム, O-12, 名古屋, 2008年7月(Oral)
  85. Sawada, K., Akimoto, S., Tsukagoshi, M., Nakamura, H., and Suzuki, D. K. (2007) Plant Polymer Palaeobiology- Aphidoidea (PL3-A) Project: Geochemical and Morphological Studies on Gall (-like) Fossils, International Symposium on The Origin and Evolution of Natural Diversity, book of abstracts 152-153, Sapporo Japan, October 2007. (Poster)
  86. 中村英人, 沢田健, 高嶋礼詩 (2007) 北海道大夕張地域に分布する下部白亜系からの被子植物バイオマーカーの検出とその意義, 第25回日本有機地球化学会2007年金沢シンポジウム, O-15, 金沢, 2007年7月(Oral)
  87. 中村英人, 沢田健 (2006) 大夕張地域の白亜紀植物片のバイオマーカーおよび抵抗性高分子分析 ~化学分類および古植物相の検討, 2006年度日本地球化学会年会, 3B03, 東京, 2006年9月(Oral)
  88. 中村英人, 沢田健 (2006) 白亜紀木片化石の抵抗性高分子からみた化学分類および続成過程の研究, 第24回日本有機地球化学会2006年松本シンポジウム, O-22, 松本, 2006年8月(Oral)